So-net無料ブログ作成
検索選択

佐伯アトリエに1926年9月1日にあった「落合村風景」。

別館GM作業室です。
落合道人さまの記事「佐伯祐三の『下落合風景』は8月以前から」は、第一次渡仏から帰ってきた佐伯が、従来言われていたように二科展が始まってから日本の風景も描いたらよかろうといった周囲の声の中で一連の「下落合風景」を描きはじめた訳ではなく、1926年9月1日に、二科賞受賞についての取材に来た新聞記者の真ん前に既に「下落合風景」が置かれていた事を御指摘された、重要なものでした。

受賞スナップ.gif

この作品は、ピントの合っていない受賞記念記事の写真からも、1927年6月に開かれた1930年協会第二回展覧会に出品され絵葉書にもされた「落合村風景(絵葉書に印刷されたタイトル)」とよく似ている事が感じとれます。佐伯は、同じ場所で何枚もの風景画を描く事知られていますが、この「落合村風景」は、曾宮一念アトリエ前から諏訪谷の方を見る「セメントの坪」と落合道人さまのされた作品群の一つである事は間違いないでしょう。そして、さらに詳しく検討したところ、1930年協会第二回展覧会に出品された「落合村風景」そのものであると考えられる事が判明しました。
受賞記念写真中の作品と、絵葉書の「落合村風景」とは、構図が似ているだけでなく、左上の空の塗り残しと見られる部分が酷似しています。構図が似て見える作品が複数ある可能性はあっても、筆の勢いに任せて生じた塗り残しが同じように見える可能性は,極めて低いと考えられます。しかし、受賞記念写真中の作品と絵葉書とでは、どこか違う印象も受ける、それはなぜかも問題です。

セメントの坪室内.gif
受賞記念写真中の作品は、手前の右手と下方に何かがあり、なおかつ、やや斜めに置かれています。その作品の外枠を水色のラインで、手前にあるものを桃色のラインで描き起こすと,このようになります。

セメントの坪黄色にした.gif
そして絵葉書の「落合村風景」を、この室内にパースを合わせて置くと、黄色のラインのようになります。すると、全くと言ってい程、室内に置かれた作品と「落合村風景」との描かれているものが重ってきます。画像の透明度を変化させて、その実感を伝えることが出来ないのが残念ですが、似た構図の他の作品ではありえないレベルと考えられます。

受賞記念写真中の作品と絵葉書との間に感じられる違和感は、一つには絵葉書における作品のトリミングが大きいからなのでしょう。空の広がりが損なわれているし、右手の建物が奇妙に僅かに覗いているのも、オリジナルな状態ではなさそうです。トリミングは、絵葉書等でしか知る事の出来ない作品を見る際に、大いに留意すべき問題なのでした。
もう一つの違和感は、アトリエにある作品と絵葉書の間にある階調のズレですが、白い塀の一部に、どうも撮影や印刷による誤差を超えたものがあるように、私にも感じられます。佐伯の画面は、薄塗り・厚塗り、不透明色・透明色を自在に使い分けており、塀のような質感のところに、時間をおいて重ね塗りをしたとしても不思議ではありません。そして、完成作ではない制作中の作品が、手近な所に置かれていたため無頓着に取材写真の真ん中に写った、という経緯も私にはありそうに思えます。^^;
nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(4) 

nice! 7

コメント 7

ChinchikoPapa

いつもながら、鋭い分析に敬服いたします。
なるほど、パースをきかせて重ねてみたわけですね。わたしも、左上隅の塗り残しが、絵葉書とそっくりなのには気づいてました。
>この室内にパースを合わせて置くと、
>黄色のラインのようになります。
黄色いラインの入った画像が見当たらないのですが、ブルーとピンクのラインが入った同じ画像を、2枚掲載されてます?^^;

9月1日にアトリエに置かれていた同作が、翌年の絵葉書と同一の画面だと仮定しますと、ほぼ同じ場所で似たような構図の『落合村風景』(本作=10号前後)、『セメントの坪(ヘイ)』(15号)、そして曾宮アトリエの前を描いた『(タイトル不明)』(40号)の、都合3点を描いている可能性がありますね。
いずれも、実際の画面が見られないのが残念ですが、絵葉書のトリミングのお話、非常に興味深いテーマです。周囲をカットしたことで、なにがどれぐらい消えているかは、この二科賞記念写真からもよくわかりませんが、右手に描かれている住宅がもっと西側まで描かれているとすれば、実画面をぜひ見てみたいものですね。

by ChinchikoPapa (2015-04-07 18:47) 

ChinchikoPapa

黄色いラインが、現れました。ww
なるほど。ピタリとはまりますね。
by ChinchikoPapa (2015-04-07 21:40) 

ものたがひ

落合道人さま,早速のご訪問とコメントと短いのにnice!を有難うございます。なにか画像に間違いがあって済みませんでした。私のpcの画面の挙動だけがヘンだったようです。ご指摘ありがとうございました。<(_ _)>
佐伯の左耳の脇にある何かが無かったら、右手の家の様子がもう少し分かったのに,残念ですね。それと作品の事はわずかにしか隠していませんが、弥智子ちゃんは,大きな艶のある暗い色のリボンを右コメカミの上につけていますね。ブレスレットもしてお洒落しているのに「令息」にされて、機嫌が悪くなるお年頃だったかもしれません。^^
by ものたがひ (2015-04-07 23:14) 

ChinchikoPapa

彌智子ちゃんの右耳上にある黒っぽいのは、リボンでしょうか。だとしたら、記者の「令息」は大ボケかましですね。w
わたしは、佐伯が着ているルバシカのような黒い上着の前をはだけ、その左肩へボタンでとめる襟かなにかが見えているのかと想像してました。彌智子ちゃんが短髪なので、リボンは思いつかなかったです。

by ChinchikoPapa (2015-04-08 00:05) 

ものたがひ

シルフさま、
井上さきさま、
yamさま、
さらまわしさま、
 ご訪問とnice!を有難うございます。
by ものたがひ (2015-06-28 17:01) 

ものたがひ

ネオ・アッキーさま、ご訪問とnice!を有難うございます。
by ものたがひ (2015-06-29 23:38) 

ものたがひ

ba42381さま、ご訪問とnice!を有難うございます。
by ものたがひ (2016-02-23 23:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。